城南進学研究社

.

企業情報

ホーム > 社長挨拶

これからも「生徒第一主義」で。

  弊社は1982年9月16日の設立以来、2012年9月をもちまして創立30周年を迎えることができました。これもひとえに関係者の皆様のご支援の賜物と、心より感謝を申し上げます。 

  創業は1961年の「城南予備校」設立に遡り、爾来『生徒第一主義』を企業理念として、常に生徒の皆様の合格を第一に据えた独自の教育事業を進めてまいりました。
  基幹事業の大学受験教育部門では「現役合格保証制度」等のさらなる浸透による生徒数の増加、個別指導教育部門「城南コベッツ」におきましては、直営教室ならびにFC教室における新規開校の全国展開を加速させております。また、デジタル教育部門におきましては、2012年2月に株式会社イオマガジンと資本提携を結び「くぼたのうけんWEBスクール」のタブレット端末対応に着手するとともに、小中学生向けeラーニング「城南マナビックス」の法人契約等の積極的な営業展開を図っております。さらには、「くぼたのうけん」育脳教室や「城南ルミナ保育園」「城南就活塾」等、世代を超えた展開を推し進め、「城南進研グループ」として乳幼児から社会人にいたる総合教育の領域を着実に広げております。 

  昨今の教育業界をめぐる環境の変化や構造的な少子化の影響などにより、予備校・塾間の競争は年々激しさを増しております。その中で、社員一丸となり、今後とも『生徒第一主義』の理念を堅持し、地域に根ざす総合教育企業という矜持を保ちつつ、変化に挑む意欲的な人材を輩出してまいります。
  本年度も決意を新たに、皆様とともに成長していくことを念頭に努力を重ねてまいる所存でございますので、これまで同様のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2013年4月

代表取締役社長 下村勝己

.
ページの先頭へ
.