城南進学研究社

.

企業情報

ホーム > 代表メッセージ

未来を生き抜く力を

  株式会社城南進学研究社は、1961年4月、大学受験、高校補習のための総合予備校として城南予備校を川崎に設立したところから歴史ははじまります。
それから58年、総合教育ソリューション事業を積極的に展開してまいりました。
  「生徒第一主義」をモットーに、時代のニーズにこたえる教育の提供をし続け、多くの生徒様のサポートをし続けております。
  その間、世界は大きな変動を遂げてまいりました。ICTの進歩により社会環境は激変し、さらにAIやビッグデータなどの活用が進むことで、多くの仕事が機械によって自動化される時代が来るとも言われています。また急速なグローバル化も進行しており、その変化は速度を増しております。
  教育業界においても、社会の変動に加え、少子化による受験競争の大幅な緩和など、環境の変化に対するフレキシブルな対応が求められております。
  このような時代において教育に求められるものは、AIに代替されない力、すなわち思考力・判断力・表現力の習得であり、さらに学びに向かう力、人間性などを身につけると同時に、英語を基軸とした国際的なコミュニケーション能力を習得することが主軸となってくるでしょう。
  それは未来を生き抜くためのたくましい知性としなやかな感性を育むことと、言いかえることができるのではないでしょうか。
  自らの能力を最大限に生かし、生き生きとした人生を送るための武器を身につけていただきたい。そして「人生100年」を健康で豊かなものにしていただきたい。そのための「教育」を提供し続けたいと、私たちは考えます。
  さまざまな取り組みの中、私たちは乳幼児期をはじめ、あらゆる世代における「能力開発」が重要であると考え、「脳科学」をベースにブランド展開をしております。
  単に成績を上げるための勉強や受験のための勉強にとどまらず、生徒の皆様が、一生涯学び続ける力を身につけ、そして活躍し続ける人生を送るための教育メソッドを、当社は、これからも提供し続けることで「たくましい知性、しなやかな感性を育む能力開発のLeading Company」となることを目指してまいります。

新しい城南進研グループにご期待ください。

 

代表取締役社長 下村勝己

.
ページの先頭へ
.